トップ / 背中の毛の自己処理リスク

背中の毛を医療脱毛

背中の毛の自己処理リスク

背中の毛の自己処理方法とは

背中の毛は自分ではなかなか意識しにくい部分ですが、気になり始めると、とても気になります。背中の毛を自己処理するにはどのような方法があるのでしょうか。また、背中の毛の自己処理には何かリスクがあるのでしょうか。

・カミソリ
もっとも危険な方法です。背中は手が届きにくく、届く範囲だけでもカミソリで処理しようとしても、肩甲骨や背骨などで凹凸が多いので傷をつけやすくなります。キレイになろうと思っても、無駄毛処理で傷だらけになった背中は痛々しくなってしまいます。

・シェーバー、電気シェーバー
カミソリよりは安全ですが、やはり手が届く範囲には限界があります。背中には背骨や肩甲骨があり凹凸が多いため剃り残しやムラができやすくキレイに処理することは難しいと言えます。

・脱毛クリーム
カミソリや電気シェーバーよりは安全で効果も高いですが、肌への負担が大きく、しっかり保湿する必要があります。

背中の毛を自己処理しようと思うと、逆に間違って肌を傷つけてしまうことになりかねません。背中は皮脂の分泌が活発な箇所なので、傷口から雑菌が入り込みニキビの原因となることもあります。また、凹凸がある箇所のため剃り残しや剃りムラにもなりやすいため、余計に残念な見た目にしてしまうことにもなりかねません。

手や足などは自己処理をするとしても、背中の毛の処理は自己処理ではなく医療脱毛でプロの手におまかせすると安心です。仕上がりもとてもキレイになります。脱毛後の保湿ケアなども行ってもらえますので、肌荒れもしにくく、万が一肌荒れなどの肌トラブルが起こった際も炎症止めクリームなどを処方してもらえて、しっかりとしたアフターケアがついているという安心感があります。